投稿日:

平野屋こども会でショーを行いました!

みなさん、こんにちは!
3月12日、同志社ヒーローショー同好会は
大阪府大東市平野屋こども会で開かれた
『6年生を送る会』にて
ヒーローショーを行いました!

子供達はタナレンジャー
会えるのを楽しみにしていましたが、
そこに現れたのはなんと、
悪の組織D.D.O.ダークネス
戦闘員ゲバーでした!

D.D.O.が子供達を仲間にしようと
企んでいたその時、
レッドブルーピンク
駆けつけてくれました!
そしてタナレンジャーは
毎度の如くゲバーを一瞬で蹴散らします。

しかし、D.D.O.もここで
諦めるわけにはいきません。
ダークネスは新たな作戦を
考えてきたみたいで、
何でも逆さまにする能力を持つ怪人
D.D.インバースの力で
D.D.O.とタナレンジャーの
立場を逆さまにし、
いつも敗北しているD.D.O.に
勝利をもたらそうと
目論んでいたのです。

タナレンジャーはD.D.インバースを
倒しにかかりますが反撃されてしまい、
さらにレッドとピンクは
大打撃を受けてしまいます。

そしてD.D.インバースは
タナレンジャーに
トドメを刺そうとしますが
不思議なことに
能力が発動されません。
そこでダークネスと
D.D.インバースは
一旦撤退をします。

ブルーがレッドとピンクに駆け寄り、
声をかけてみると何やら
2人の様子がおかしいみたいです。
『何で俺が目の前にいるんだよ!』
『俺がって…
何で私が目の前にいるの?!?』

なんと!
何かの拍子にレッドとピンクが
入れ替わってしまったのです!

『このまま元に戻らなかったら…』
体が入れ替わって落ち込む
ピンクとレッド。

しかし体が入れ替わったとしても
正義の心を持ち続けている限り、
自分達はタナレンジャーで
あることに変わりはない!
そう確信したレッドとピンクは
再び立ち上がり
D.D.O.の元へと急ぎます!

D.D.O.を追い詰めたレッドとピンク。
そこにブルーも合流し
もう一度タナレンジャーは
D.D.O.と戦いますが、
焦燥に駆られた
D.D.インバースの必殺技により
圧倒されてしまいます…

ここで終わってしまうのかと
思われましたが、
子供たちの声援のおかげで
タナレンジャーは無事復活!

ブルーはダークネスを一瞬で倒し、

レッドとピンクは
D.D.インバースに
必殺技を決めます!

見事タナレンジャーはD.D.O.を倒し、
レッドとピンクの体も
元通りになりました!

実はD.D.インバースの本当の能力は、
『体に触れたものを入れ替える』
というもので、
レッドとピンクが必殺技の時に
D.D.インバースに触れたことにより、
2人は元に戻ることができたのです!

そして最後はバズーカを放ち、
タナレンジャーは勝利を収めました!

今回はレッドとピンクの体が
入れ替わってしまい
一時はどうなるかと思われましたが、
みんなを守りたいという
正義の心があれば
姿は変われど戦うことができるのだと
証明されました!

ショーが終わってからは、
タナレンジャーとD.D.O.も
子供たちと仲良く焼きそばを食べたり、
一緒に遊んで楽しい時間を過ごしました。

平野屋こども会の皆様、
ありがとうございました!

それでは、
また次のショーで
お会いしましょう!


※今回のショーの様子は
動画でご覧頂けます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください