投稿日:

『ニュータウンフェスタたかのはら』でヒーローショーを行いました!

みなさん、こんにちは!
3月11日
私たちヒーローショー同好会は
『ニュータウンフェスタたかのはら』
ヒーローショーを行いました!

今年で3年目となった
このお祭りのパトロールのために
タナレンジャーが来てくれている
とのことでしたが…

なんとD.D.O.が登場!
高の原の子ども達を
『ゲバー!』の掛け声で
洗脳しようと試みます!

『悪巧みはそこまでだD.D.O.!』

そこにタナレンジャーが
駆けつけてくれました!

ゲバーを一気に倒し、
D.D.O.を懲らしめます!
このまま高の原の平和は守られる、
かと思いきや…

『遅れて申し訳ありません、ダークネス様!』

その声と共に現れたのは
新たな怪人、D.D.インバース
『何かを逆さまにする能力』を使って
タナレンジャーとD.D.O.の立場を
入れ替えようと企んでいる様子…

作戦を決行させまいと戦いますが、
D.D.インバースに圧倒され、
レッドとピンクが倒されてしまいます…!

絶体絶命のピンチの中、D.D.インバースが
能力を発動させようとしますが
なぜか発動せず、
D.D.O.は一時撤退。

倒れたレッドとピンクを起こすと…
なんと2人の体は入れ替わっていました!

『入れ替わってるー!?』

混乱するレッドとピンクに、
イエローは楽観的なよう….。

イエローが作ったお面を付け、
互いの武器とスカーフを入れ替えます。

他の3人が本部に戻ると、
レッドとピンクはこれからの
不安を隠せずに立ち尽くします。
『もし体が戻らなかったら…。』

『でも私たちは私たち、じゃないかな』
ピンクの一言により、
姿が変わっても内にある
正義の心はそのままで、
レッドとピンクが
正義のヒーロー、
タナレンジャーであることは
変わらないから
戦えると気づきを得た2人。
イエロー、グリーン、ブルーと合流し、
決意も新たに
D.D.O.に戦いを挑みます!

ですが先ほど戦った際の消耗も激しく、
D.D.インバースの一撃を
食らってしまい絶体絶命の状況に…

しかし、ダークネスがとどめを
刺そうとしたその瞬間、
突然銃声音が鳴り響きます!

『そんなところで倒れるな、正義の味方』

その声とともに、
同じくD.D.インバースを追っていた
イマブラックが登場!
会場の子ども達に
応援を呼びかけ、
タナレンジャー復活を
成し遂げました!

『 ”逆さにすること”ではなく
”体に触れたものを入れ替える”こと』
D.D.インバースの能力の正体を
知っていたブラックは、
レッドとピンクの入れ替わりの原因が
攻撃の際触れたこと
あると教えます!
能力を見破られ、余裕をなくした
D.D.インバースは一時離脱し、その後を
レッドとピンクが追いかけました!

残った4人は
ダークネスとゲバー達との戦闘を開始!
イエロー、ブルー、グリーンが
ゲバーを倒し…

ブラックはダークネスとの
戦いを繰り広げ、
難なく勝利を収めました!
後をレッドとピンクに託し、
いよいよ最終戦闘シーンへ…

D.D.インバースを追い詰めた
2人は、体が変わっても戦えることを
証明しようと奮闘します!

応援の力を得て強くなった2人は
連携して必殺技をお見舞いし、
D.D.インバースを倒すことに成功!

そして必殺技の際に
D.D.インバースに触れたことにより、
レッドとピンクの体は元どおりに!
最後はみんなで
タナレンジャーファイヤーを放ち、
無事に勝利を収めることができました!

体が入れ替わって
色々と大変な1日でしたが、
やっと元に戻れて一安心な
タナレンジャー達。
もう入れ替わるのはこりごりかな?
『まあ、いつもと違う感じで
楽しかったけどね?』

ショーが終わって
会場の皆さんにご挨拶をした後は、
写真撮影や握手をして
子ども達と触れ合いました!


(普段は今出川にいるブラックも、
張り切って握手や写真撮影を
してくれたようです…。)

 以上のように、
今年のニュータウンフェスタたかのはらの
ステージも、大団円で
終えることができました!
ご来場してくださったみなさん、
ありがとうございました!

(実は今回のお話、
翌日の平野屋こども会ショーでは
少し違った展開になっているのです…
そちらの方も要チェック!)

それでは、また次回の公演をお楽しみに!


※今回のショーは
動画でご覧いただけます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください