投稿日:

『精華台1丁目子ども会』でヒーローショーを行いました!

みなさん、こんにちは!

本日、同志社ヒーローショー同好会は
『精華台1丁目子ども会』様からのご依頼で、
精華町立精華台小学校の新入生歓迎会にて
ヒーローショーを公演させて頂きました!

タナレンジャーを待つ子どもたちの前に、
D.D.O.とその大幹部《ダークネス》が登場。
お姉さんの助けを呼ぶ声が会場に木魂します!

Image_ad0a6c9

すると、すかさずタナレンジャーが見参!
弱い者に仇するD.D.O.を批判する彼らに、
『売られた喧嘩は買うのが道理』
強気のダークネスはゲバーを差し向けます。

Image_e23b468

いつものごとく敗北を喫するゲバーたちですが、
ここでダークネスによるストップが入ります。
なんと、今日のD.D.O.は子どもたちと遊ぶために
やってきたというのです!
困惑するタナレンジャーですが、お姉さんも
攻撃されていないことは認めます。

Image_211f584

ダークネスが言うには、この会場で行うのは
『D.D.クイズ大会』というスペシャルイベント!
素敵な景品も用意されているというので、
タナレンジャーも参加することになりました。

Image_cdab985

意気揚々とクイズに答えるレッドですが、
なんと答えを間違ってしまいます!
そのときダークネスは高らかに叫ぶのです。
『それでは、罰ゲームを執行しよう!』

そう、このクイズ大会は問題に不正解した
人の動きを凍結させるピンポイント過ぎる
能力を持っているD.D.O.の怪僧、
《モンク・オブ・リドル》を活用した
ダークネスの作戦行動だったのです!

Image_b613ce9

レッドを助けるため、そしてD.D.O.から
小学校を守るため、タナレンジャーは
子どもたちと協力してクイズ大会を乗り切ります。

Image_2d357c5

作戦が失敗して動揺するダークネスに、
レッドは『なぜタナレンジャーと会場のみんなは、
全問正解できたのか?』とクイズで意趣返し。
ダークネスは『まぐれ』と答えますがもちろん誤答!
ダークネスは動きを封じられてしまいます。
『みんなで一つになって目標に立ち向かったから』
がこの問題の答えです!

Image_a1c3561

やけになったダークネスはリドルに肉弾戦
仕掛けさせますが、敢えなく敗退。
最後はダークネス、ゲバーも仲良く
必殺《タナレンジャー・ファイアー》を浴びて
退却することになりました!

Image_52cce7e

最後はタナレンジャー・D.D.O.のみんなで
一緒に写真撮影・グリーティングを行いました!

2016_05_15 精華台小学校_64

※今回の動画の公開はありません

今回の公演はクイズをショーに盛り込むという
弊会としては意欲的な内容となりましたが、
観客である子どもたち自身も巻き込んでの
公演は新鮮な笑顔に溢れるものでした。

これからも、私たちヒーローショー同好会は
子どもたちと我々学生、そして地域の皆様の全てを
笑顔に変えることが出来るようなサークルを
目指して活動を行っていきたいと思います。
これからも、私たちとタナレンジャーを
よろしくお願いいたします!

2016_05_15 精華台小学校_41

それではみなさん、またの機会に!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください